その他の機器 前に戻る



@
水中蛍光灯 水槽内に直接入れる照明器具です。

 水槽内の照明に上部からスポットライトや水のかからないダウンライト等が本来は望ましいのですが、それらの照明が難しい場合に使用します。 本体がガラス管なのでタモ網等で壊さないように十分に注意し、ヒビが入りますと絶縁不良を起こして漏電の原因になります。

 蛍光管は
1年に一回は交換します。点いていても照度は落ちます。
 活魚用には観賞用の水槽上部に置くタイプの照明は向きません。

 アジチダイ等は急激な光の変化で暴れます。入れる場合は必ず、常時点灯の照明が必要です。 


Aオゾン発生器  

 殺菌、消臭、水質の黄ばみを取り、濾過槽の状態を良くします。この
効果は著しく、予算が有ればお勧め致します。
 オゾン管は
半年タイプ、1年タイプの物があり1年に1〜2回の交換が必要です。


B殺菌灯 

水槽内の雑菌を殺す為に十分な容量の物を使用します。
 殺菌管は効果時間が決まっていますので点灯していても効果が無く、
半年1年タイプが有り、定期的なメンテ交換が必要です。


C他の機器  
 プロテンスキマー等、特殊な場合は使用しますが濾過槽が確りしていれば上記の3機器が有れば十分です。